KITCHEN & COMPANY Facebook Instagram Twitter

About

Vision

僕たちは、世の中の当たり前や、国境のような従来の境界線を超えた
イノベイティブなブランドを創るサポート、そして自らも創り出し、
新しいライフスタイルカルチャーや価値を、世界の人々に届けることで、
彼ら、彼女らのライフスタンダードを今よりも少しでも高めることを目標としています。

  • この社名に込めた思い

    “Kitchen” は家やレストランでいつも人が集まる場所です。そこは、素材(Ingredients) を活かし、様々な”料理“が出来上がる非常にクリエーティブなスペースです。

    ”Company”とは仲間を意味しています。
    自分一人では成し得なかった事、想像できなかった事が、人と人との繋がりと、クリエーティブな”料理”の仕方によって、想像もしていなかったような事をカタチにする、という思いを込めています。

  • Our Culture
    “Connecting the dots”

    東京の電車は時間に正確だが、ロンドンのTubeは時間通りにくる方が珍しい。むしろ、オンタイムで乗れたためしがない。
    坂の多いサンフランシスコで乗られている自転車の設計は、坂のまったくないアムステルダムのそれとは根本が違う。
    文化を作る土地や住む人が違えば、創り出されるアウトプットも、もちろん同じではない。
    当たり前のことだ。

私たちK&Cは、これまでもその当たり前の違いにこそチャンスがあると考え、
世界中から自分たちにはないものを取り入れて、価値をシェアしてきた。

今、デジタルの世界が広がり、SNSなどで、さまざまなモノ、コト、サービス、事象が言語や国境を超えて、ものすごいスピードで共有されている。
しかし、共有の過程において、コミュニケーションや僕たち日本人としての文化的視点が、どこか軽視されてはいないだろうか。

表面的なコミュニケーションや、物質的な共有で満足してしまっているのはなぜだろう――。

きっと、手がかかるからだろう。

何十年もかけて紡がれてきたその地の当たり前には、そこで暮らす人々の人生に根付いている。そう簡単には理解されない。
互いに違いを知り、本質を見極めるコミュニケーションには文脈が必要で、時間も根気もいる。
しかし、その土地の当たり前にこそ、人を動かすインスピレーションや感動体験へとつながるクリエイティビティが隠れているのだ。

K&C の考えるグローバルブランドビジネスとは、モノやコト、サービスが文化としてその地に根付いていくことを目指している。
そのためにも、隠れたインスピレーションを見つけ出し、さまざまな知見を融合して、クリエイティビティ最大限に発揮していくことが重要であり、僕らの絶対的な使命だ。

ブランドとは、そうした手のかかるアクションを経てしか成り立たないと思う。
僕たちK&Cのメンバーには、これまで積み上げてきたグローバルな経験とネットワークをベースとするサービスがあり、クライアントの潜在的な魅力を新しい価値として創造し、世界に向けて発信できる。

そして、僕らの思いはひとつ。東京とロンドンの、ニューヨークとパリの、上海とドバイの今を、日本から、新しい文化の価値でつなぎたい。

すべてはひとつの小さな点= dot(・)からスタートする。
いつかその点は、別の点とつながり、線となって、すべてがひとつにつながると信じている。

世界中の今をつなげられるように。
CONNECTING THE DOTS

Kitchen & Company
中道 大輔

Contact

KITCHEN&COMPANYへのお仕事のご相談・ご依頼、求人への応募等、各種お問い合わせはこちらから


Offices