Client:
Toyoka City

Title:
Promotional Video “A DAY IN TOYOKA” for Australian & North American Tourists
“Promotional Campaign Guideline Booklet”

Period/Season
2018

Brief
The target for this project is to attract the increasing tourists traveling towards western Japan, to stop by Toyoka, Hyogo. Starting with Kinosaki Onsen (hot springs), portray the beauty, history, and culture and promote the inbound experiences, rather than commercial products. A promotional video was created targeting Australian and Northern Americans to help envision their trip to Toyoka city. Highlighting activities such as sightseeing and cultural experiences within the town.

K&C Strategy
Focusing on the cultural experiences rather than purchasing Japanese goods, our research revealed that most visitors of the city were millennial visiting from Australia and Northern America countries. This research enabled our strategic plan to analyze and prioritize the consumer target.  To better express the beauty of the city, it was necessary to create a story. The story we created, focused on the lifestyle and craftsmanship of the people in Toyoka.

Production
Promotional Video “A DAY IN TOYOOKA” for Australian & North American Tourists

Our goal was to portray the experience from interactions with the local people, by focusing on cultural exchange. The promotional video was a documentary about the people working and being part of the city. The campaign focused on three parts of the Toyoka city. Local entertainment and literature; History and architectural culture; and lastly, a perspective that focuses on nature and its beauty. These are all important aspects for those living in Toyoka city, and also interesting of visitors. We chose to have the video narrated by the people of Toyoka, to further create a connection between visitors, residents and the uniqueness of the city.

Furthermore, to add to the campaign project, we have also created a manual for the city’s local government to follow. The guideline outlines the appropriate usage of the logo, visual assets, and font. This guideline enables the campaign to form unity and correlation through the various media outlets.

クライアント
豊岡市

題名
“A DAY IN TOYOOKA”
豪州米向けインバウンドプロモーションムービー
“ブランドビジュアルガイドライン”

期間
2018

概要
近年外国人観光客が急増している兵庫県豊岡市。「ローカル&グローカル」というメッセージを掲げ、城崎温泉を中心とした固有の資産の活用による活動はインバウンドの成功事例の一つでもある。”モノ”ではなく、“コト”体験を通じた欧米豪のユーザーへ向けたプロモーションムービーの制作とSNSとLPのコミュニケーションプランを制作。合わせて統一したイメージで展開するビジュアルガイドラインを設定。

K&Cの戦略
欧米豪の旅行者はアジアの旅行者と比べ、移動と宿泊のコストが高く、期間も長い傾向がある。また、京都や奈良など、近隣の主要都市を経由してくる事がく、隅々まで調べその国を体験したいというコト、体験の需要が高まっているとも言える。
ターゲットとしては30歳代のミレニアルズ世代。この先、彼らは社会の中心になり、消費の重要なターゲットにもなる。ミレニアルズが求める文化的背景や歴史など本質的価値にフォーカスをおいたコミュニケーションプランを作成。
城崎温泉は外国人に人気の観光スポットとしての認知を確立しており、SNS上では、旅行者(外国人)目線での、フォトジェニックなスポットや表現など海外からの視点でのアウトプットは溢れかえっている。その為、その土地の固有の見えない価値を可視化して伝える事が、旅行者が求める本質的価値が重要になるのではないか。

製作
“A DAY IN TOYOKA”
豪州米向けインバウンドプロモーションムービー

「豊岡の一日」というコンセプトを元に、豊岡の魅力=地域を支える人のありのままの生活を織り交ぜ、その土地固有の土地柄を伝えるムービーを製作。

その中でも、最も重要なポイントとしては、現地の人々や文化との交流から生まれる“コト”。伝統と文化を支える背景をリアリティ持って正しく伝える。主人公は過去と今を支える豊岡の人々、そして、この感覚を離れた場所でも感じる事が出来るドキュメンタリータッチで切り取る。それを支える人々を通じる事で、その地域固有の歴史と伝統をより深く知り、敬意を払う。そして、知りたくなる。

合わせて、その土地のブランドイメージを効率的に海外にコミュニケーションしていくためのブランドガイドラインを設定。

URL
https://visitkinosaki.com