Client
TATSUNO CITY

Title
“ReBORN 荒神山”TATSUNO CITY

Season
2017 –

Brief:
Communicate and build awareness to the local population and neighboring areas, about the 2018 renewal opening and transformation of the Kojinyama Water Park to an activity facility.

K&C Strategy:
Traditionally, communicating the reopening of a local facility is conducted by holding an informational meeting at a designated town hall, however, when performed likewise, it is often difficult for the information to reach the actual target users. K&C prioritized not only residents but also determined the real users of the facility, thus was able to focus the campaign’s communication through the appropriate channels and with better efficiency.  K&C updated the facility icon and the color chart to give it a revamped aesthetic. In recent years the Indani area has been receiving more attention, the contents that we created for this facility are adaptable for future communicational purposes.

Production:
-Manifesto
-Poster
-Leaflet
-Digital articles
-Social post direction
-Public info magazine of the town

クライアント
長野県辰野市

題名
“ReBORN 荒神山”辰野市

期間
2017 –

概要
長らく休止された総合プール施設「荒神山ウォーターパーク」の2018年度アクティビティ施設へのリニューアルプロジェクト着工にあたり、町民・近隣エリアへの事前認知と理解の為のプロモーション。

K&Cの戦略
通常は説明会などで事実を伝える事が多い中、想定した利用者層には情報が到達しにくい問題と、改修案も何度か頓挫した背景もあり期待感も気薄であった。

町民の方に加えて、利用者層を明確にする事で今までリーチが難しかった若い層にも共感して頂ける事をプライオリティに、町の媒体リレーションを最大限生かした幅広い告知とデジタルでの訴求を見越したビジュアルプロモーションを実施。

地域特性とこれからの可能性を示唆したマニフェストに、施設のアイコンやカラーをデザイン上でリニューアル。近年アクティビティフィールドとして注目を集めている伊那谷エリア全体の可能性を紐解くコンテンツとして継続して使用できる内容を制作。

製作:
-マニフェスト
-ポスター
-リーフレット
-デジタル
-ソーシャルメディアディレクション
-街の情報雑誌

Edit:Ryo Muramatsu
Illustration:Takashi Koshii