日本の食文化をサンフランシスコへ

日本の食文化を世界に広げるプロジェクト。第一弾として、鹿児島のシェフをアメリカサンフランシスコのオーガニックスーパーの先駆けである「bi-rite market」が運営する、「18 reasons」(食のカルチャースペース)に招き、食事会を実施。$120のチケットは予約で完売し、およそ30名の参加者は初めて口にする鹿児島料理、お茶、焼酎などをその文化背景とともに一つ一つ味わいながら楽しんだ。

寿司やラーメンなどがアメリカで広く親しまれているが、私たちが目指しているのは日本人が日頃食べている日本食が、海外の家庭で広く楽しまれるようになること。かつては日本の食文化に存在していなかったオリーブオイルが、今では日本の多くの家庭で常備され、パスタが家庭料理の一つのチョイスとなっている。それと同じく、海外の食卓で日本食がライフサイクルの中に組み込まれることを目指している。そのために、日本中にある日本人だけが知る、日本のいいものを、アメリカやヨーロッパなどのマーケットをターゲットに、商品背景とともに正しい販路への流通を目指す。

主催したbi-rite market、18 reasons、そして参加者からは今までにない、日本食との深いつながりを感じたとの声が多く聞こえた。その場で販売した調味料なども完売し、bi-rite marketから展開のオファーをもらっている。

 

JAPAN FOOD CULTURE TO SANFRANCISCO

Project to spread Japanese food culture to the world.
Our first project was holding a dinner party at ‘bi-rite market’, an organic supermarket in San Francisco. Invited chef from Kagoshima to ’18 reasons’ a culture space for food inside ‘bi-rite market’. $120 ticket was sold out and about 30 attendees enjoyed their first experience of having Kagoshima food, tea, shochu with cultural background.

Sushi, ramen is widely known by American people but what we want is to have Japanese food that we Japanese people normally eat on daily base to be well enjoyed at homes of American people.
In the past, olive oil did not exist in Japanese food culture but nowadays, people have them at home and pasta is one of their homemade food choices. We want the same to happen in the tables of foreign countries to have Japanese food added to their lifecycles. For this reason, we need to expand the products that only Japanese people know, the good stuff of Japan to pass it on to US and European markets.

We had a great feedback from ‘bi-rite market’, ’18 reasons,’ and the attendees that this was a new experience and they had deeply connected with Japanese food. Seasonings that were sold at the event were all sold out and we had a new offer for a new project from ‘bi-rite market’.