カルティエは新作メンズウォッチ「Drive de Cartier」の
世界観を表現したパブリックイベントを開催。

 

 カルティエは、今年6月にイタリア・フィレンツェで行われたメンズプレタポルテの見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ(Pitti Immagine Uomo)」の期間中に、ドライブ ドゥ カルティエの特別展示を行った。この展示では、ドライブ ドゥ カルティエが似合う男性像、”Drive Man”としてスタイルと世界観をアーカイブ作品と共に世界観で表現。

 その世界観を日本の男性に向けて進化させたパブリックイベントを東京「代官山 蔦屋書店」にて開催。その”Drive Man”のライフスタイルを創り上げるのは、日本のファッションとカルチャーを牽引するビームス。

 ライブラリーでは「B&B ITALIA」の家具を配置して様々な分野の本や雑誌を集積し、ドレッシングルームではビームスによる8体のファッションスタイルを展示。アトリエにはデッサンや模型、ドローイングルームにはデザイナーKakaniasによるイラスト、そしてガレージには日本国内に2台のみの「ファセルベガ(FACEL VEGA)」によるオープンカーなどが展示され、ライフスタイルを通じて”Drive Man”の世界へと誘う。

■THE HOUSE OF THE DRIVE MAN IN TOKYO
 ”Drive de Cartier” meets BEAMS
 日程:2016年7月29日(金) 〜31日(日)
 会場:代官山 蔦屋書店2号館1階 / 東京都渋谷区猿楽町17−5
 時間: 7時〜19時 (最終入場 18時)*最終日は22時まで(最終入場 21時)
 URL:http://www.cartier.jp/ja/pages/whatdrivesyou.html